仕事がえりに。

ARTICLE PAGE

27 2016

夕日の時間。

96
木次線で夕景と一緒に撮影しようと思うと、木次から宍道方面に降り、開けた場所に出ないととれませんね。

木次線、二回目の夕景撮影でした。

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment