仕事がえりに。

ARTICLE PAGE

16 2016

毎回、撮影する場所。

木次線に来ると、毎回撮影する場所があります。

何時も同じ様な撮り方にはなりますが、南から北に向かって走って来る列車は、半逆光か逆光状態

での撮影となります。

なので、吐く煙が浮かぶのと、その日の空気感で背景の色が何時も違います。
6
そんな感じが好きで、何時も撮ってしまいますね。

木次線。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment