仕事がえりに。

ARTICLE PAGE

14 2017

すでに水は入っている。

普通の写真のようだが、意外と普通に撮るのが難しい。

この撮影地は、昼からが順光。

普段は、あまり光の位置は気にしないのだが、ここで撮る時は陽が周るのを待つ。

そして、夕方の時間帯がメインとなる。

14時辺りも、晴れて青い空と雲がでてくれたら良し。

しかし、播但線の夕方に夕日が差し込むのは、奇跡に近い。

だいたい、15時辺りから雲が出て来て、良いところで夕日が隠れたりする。

撮れそうで撮れないこの場所。
7
この時期は、通うしかない。

播但線。
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment